KYOEI鳥ブログ

ネイチャーショップKYOEI東京店のスタッフが、バードウォッチング、参加イベント、野鳥、店舗でオススメの商品情報等について綴ります。

ネイチャーショップKYOEI東京店のスタッフが、バードウォッチング、参加イベント、野鳥、店舗でオススメの商品情報等について綴ります。

タカの渡り(ハチクマ)連続写真!

f:id:KYOEI-TOKYO:20180921143211j:plain

左上写真から右下写真へ0.1秒間隔で撮影したハチクマ飛翔連続写真です。この日の白樺峠のお天気は、曇天ときどき晴れだったのであまり上昇気流が起こっていなかったのか、猛禽くんたちは一生懸命に羽ばたいて峠を越えて渡って行きました。その健気な姿に筆者は感動しました!

撮影直前までこのハチクマを捉えていた双眼鏡は、ZEISS Victory Pocket8×25。これは軽量コンパクトなうえ視界が広くてコントラストばっちりなので、重たくて大きいカメラレンズで撮影しながらの使用には最適の1台と感じました。

撮影データ:Nikon D500 + Tamron 150-600(f5.6-6.3) 1/2000秒 f7.1 +2.0補正 グループエリアAF

ライチョウとホシガラス…乗鞍高原 畳平!

f:id:KYOEI-TOKYO:20180917165917j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20180917165943j:image

念願のライチョウにやっと会えました(^^) 周りの岩や草木と同化している模様でなかなか見つけることができませんでした。それだけに大満足です😆

f:id:KYOEI-TOKYO:20180917170926j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20180917170315j:image

ホシガラスはたくさん飛び交っているのですが、なにせ風がモーレツ強くて寒くて立っているのがやっとの状態。気温は6℃ですが、体感温度はかなり低め。でもタカの渡りに続いてライチョウまで会えて超ラッキーでした❗️

f:id:KYOEI-TOKYO:20180917171128j:image

ちなみに本日も白樺峠のタカの渡りにはたくさんのバードウォッチャーが集まっていました。が、猛禽くんたちはあまり飛んでくれず、ちょっと寂しかったです(>_<)

白樺峠で見ちゃった猛禽くんたち!

f:id:KYOEI-TOKYO:20180916195431j:image

はるか200mくらい彼方を滑空していたハチクマを写真に捕えました(^^)  ほとんど羽ばたくこともなくスゥーっと飛翔しているシーンはけっこう感動しました。

f:id:KYOEI-TOKYO:20180916195950j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20180916200512j:image

白い雲を背景に頭上を通過するショットは、カメラの露出補正を小まめに修正しなければならないのと首が痛くなるのでたいへん。  でも躍動感のある写真が撮れると嬉しいものですね😆

遠方のタカ柱をスコープで覗くと、グッと近づいて大きく見えてリアル感が増すので、タカの渡りにスコープは意外と必需品かもしれません!

白樺峠…タカの渡り…実況中継🦅

f:id:KYOEI-TOKYO:20180916134549j:image

本日はラッキーなことに昨日の雨も上がって晴れ間が広がり、ハチクマくんやサシバくんたちがわぁーっと上空を渡っていきます(^^)  そのたびにおーっという歓声とカメラのシャッター音があちらこちらからカシャカシャと聞こえて来ます😆

願わくばもう少し低い高度を飛んでくれないかなぁー。。。

猛禽くんたちが乱舞した多磨霊園探鳥会!

f:id:KYOEI-TOKYO:20180909223906j:image

めちゃ感動しました…見てください、サシバ幼鳥を襲うツミの図です。上空50メートル位のところをバトルロイヤルしていました。撮れた写真を参加者の皆様にもその場ですぐに見ていただきました。皆さまへの感動のおすそ分けです🦅

f:id:KYOEI-TOKYO:20180909223833j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20180909224342j:image

今回はなんと15名さま以上の初参加の方が来られて、フレッシュな感じに包まれていました(^^) ここは初心者の方をグループ分けして丁寧に対応しているので、初めての方は多磨霊園に来られると良いと思います😃

f:id:KYOEI-TOKYO:20180909224740j:image

オナガのベビー兄弟も元気に木々の間を飛び回っていました!

訂正:9月14日17時50分までサシバ幼鳥をオオタカと記載していました。ごめんなさい。N村さんご指摘ありがとうございます。感謝です。

日本野鳥の会さんが胎内星まつりに初参戦!

野鳥ブーツや野鳥図鑑などをたくさん並べたブース作り。星まつり会場に新たな風が吹き込まれました!

f:id:KYOEI-TOKYO:20180825151952j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20180825152004j:image

そしてブースのBGMは野鳥のさえずりを流して、高原の雰囲気が醸し出されています(^^)

お客様の反応も上々のようで、これからも期待しちゃいます。

f:id:KYOEI-TOKYO:20180825152211j:image

胎内市内のスーパーマーケットでこんなボトルを見つけちゃいました。「ミサゴ」=オスプレーという名前のウィスキーです🥃

飲んでみたい気持ちが。。

ライチョウに出逢えたぁ!

趣味が山登りの筆者の仕事仲間がライチョウを撮影してきました。

f:id:KYOEI-TOKYO:20180822100643j:plain

ミラーレス一眼(Canon M3)にて手持ち撮影

長野県と富山県の県境に位置する鹿島槍ヶ岳の山頂下あたり、標高2650m付近でブレックファースト中のこの子を見つけたそうです。なんと距離は3mくらいの登山道のきわに佇んでいたそうです!

f:id:KYOEI-TOKYO:20180822101521j:plain

多くの登山者がこのライチョウくんに出逢った瞬間、「おおっ!」と驚きの声を上げていたそうです。ライチョウくんの生活圏にはこのような景色が広がっていたそうです。