読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KYOEI鳥ブログ

ネイチャーショップKYOEI東京店のスタッフが、バードウォッチング、参加イベント、野鳥、店舗でオススメの商品情報等について綴ります。

ネイチャーショップKYOEI東京店のスタッフが、バードウォッチング、参加イベント、野鳥、店舗でオススメの商品情報等について綴ります。

CP+で最新の製品情報をゲットしよう!

パシフィコ横浜で2月26日まで開催されているCP+(カメラショー)に行ってきました。ご存知の通り会場は天井も高くてとても広いのですが、来場者の熱気に包まれて活気に満ちたブースがたくさんありました。その中でもバードウォッチャーのみなさまに是非とも見ていただきたいブースをご紹介します。

カールツァイス

今春発売予定のスポッティングスコープ「Conquest Gavia 85」が試用できるようになっていました。光量が豊富なうえ、色のにじみがほとんどなくてスッキリした像質が楽しめるスコープだと感じました。デジカメアダプターも用意されていました。

f:id:KYOEI-TOKYO:20170224144553j:plain

ニコン

モナークの最上位機種HGシリーズを試してみることが可能です。ウルトラ超ワイドアングルの双眼鏡も参考出品されています。

f:id:KYOEI-TOKYO:20170224145412j:plain

コーワ

何といっても、発売間近?の新製品フィールドスコープ「TSN-553,554」および「TSN-501,502」が参考出品されていました。特に口径55mmのTSN-553,554はフローライトレンズを採用していてクリアな像質で、人気機種の一つになる顔をしていると感じました!

f:id:KYOEI-TOKYO:20170224145647j:plain

ルリビタキの三役が揃って感動!

明治神宮での探鳥会のときに、見たかったルリビタキが綺麗な姿を現してくれました。

f:id:KYOEI-TOKYO:20170223110555j:plain

綺麗な青色をしたルリビタキ♂、かわいいルリビタキ♀、そしてルリビタキ♂幼鳥。。。一日でこんなに出会えるなんて最高にハッピーでした。

f:id:KYOEI-TOKYO:20170223110944j:plain

f:id:KYOEI-TOKYO:20170223111005j:plain

f:id:KYOEI-TOKYO:20170223111018j:plain

日本野鳥の会のみなさまは自然に溶け込んだ対応なので、ルリビタキも安心して近くまでやって来てくれたのかもしれません!

ルリビタキ写真:N嶋さま(Canon超望遠コンデジ*ご協力に感謝です

明治神宮探鳥会は優雅な雰囲気!

快晴の明治神宮に70名以上のバードウォッチャーが集まりました。ここは都内でも人気の高い探鳥会です。

f:id:KYOEI-TOKYO:20170219222809j:image

このような青空にオオタカが2羽とノスリも現れて、猛禽ラッシュの様相にバードウォッチャーは大満足! アトリもたくさん木になっていました!

f:id:KYOEI-TOKYO:20170219223047j:image

最後の鳥合せの時も、ルリビタキくんが3mほどの至近距離に! まるで僕はモデルだから写真撮っていいよって感じでした。

f:id:KYOEI-TOKYO:20170219223344j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20170219223355j:image

ルリビタキ写真:N嶋さま (Canon超望遠コンデジ)

ヤング探鳥会埼玉は大盛況!

真冬の芝川第一調節池にたくさんのヤングバードウォッチャーが。全47種のかわいい野鳥に会えて大興奮でした!

f:id:KYOEI-TOKYO:20170218183203j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20170218183220j:image

ハヤブサをじっくり観察したあとに、アカゲラまでたっぷりと。大満足です!

f:id:KYOEI-TOKYO:20170218183344j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20170218183558j:image

上の写真の中にミコアイサがいます。どこか分かりますか?

f:id:KYOEI-TOKYO:20170218183719j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20170218183729j:image

鳥合せの会場にはモズくんも参加!

う〜ん、近い(^^;

 

撮影:スワロフスキーAST80 + 手持ちiPhone

ヤン探交流会の勉強会は為になる!

新宿の日本野鳥の会東京事務所で開かれた勉強会に行ってきました。

f:id:KYOEI-TOKYO:20170215224043j:image

今回は大学2年生のO田さん。昨夏の2週間、北海道サロベツでレンジャーの方々に混じってインターンシップでの経験を発表。とても勉強になりました。

特に興味を引いたのは、サロベツにはたくさんの巨大な風車発電が設置され、オオワシなどの野鳥たちが命を落としたり怪我をしたりとのこと…(-。-;

人間と野鳥との共存について深く考えさせられました!

スワロフスキーオーナーの名言!

早朝スタートの多磨霊園探鳥会で、ナルホド〜と思ったコメントを聞いてください!

f:id:KYOEI-TOKYO:20170213115246j:image

それは…スワロフスキーEL8×32双眼鏡のオーナーに先週なられたバードウォッチャーの方からの言葉なのです。

f:id:KYOEI-TOKYO:20170213115606j:image

涸沼鳥見ツアーでいきなり現れたオオワシをスワロ双眼鏡で見た時に、「いままでと同じ8倍なのに大きく感じた」とのことです。 これは名言ではないでしょうか!!  それだけ驚きを持って鮮明に見えたと言うことではないでしょうか。

スワロフスキー双眼鏡についての通常の形容詞は「明るい」「クリア」「目が疲れない」などですが、これからは上記のような表現も加えてみようと思います(^^;

多磨霊園探鳥会でも首からぶら下げたスワロフスキー双眼鏡がバードウォッチングをより一層楽しませてくれたようです😆

 

ハクチョウ飛来!

この写真を見てください。どこだと思いますか?

f:id:KYOEI-TOKYO:20170212120357j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20170212120434j:image

そうなんです…ヤング探鳥会(葛西臨海公園)のワンシーンなんです。信じられない光景でしょう!  どこかの広大な湖っぽいですよね(^^;

f:id:KYOEI-TOKYO:20170212120743j:image

真冬の快晴の青空の下、たくさんの元気なバードウォッチャーが集まって、かわいい野鳥たちを満喫しました。

f:id:KYOEI-TOKYO:20170212121029j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20170212121445j:image

今回は、東京湾名物の珍しい現象も撮影しました。なんとタンカーが浮き上がって見える蜃気楼!

f:id:KYOEI-TOKYO:20170212121732j:image

野鳥観察用のスコープとiPhoneでお手軽撮影です(^^;