KYOEI鳥ブログ

ネイチャーショップKYOEI東京店のスタッフが、バードウォッチング、参加イベント、野鳥、店舗でオススメの商品情報等について綴ります。

ネイチャーショップKYOEI東京店のスタッフが、バードウォッチング、参加イベント、野鳥、店舗でオススメの商品情報等について綴ります。

アオバズクがいたぁ!

f:id:KYOEI-TOKYO:20210818060913j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20210818060956j:image

東京都内のしかも区立の公園なのに、こんなにカナダ🇨🇦チックで風光明媚な公園があります。アオバズクって昼間はいつも寝ているはずなのに、この日は目をパッチリ開けて木の枝にたたずんでいました(^^)
f:id:KYOEI-TOKYO:20210818060949j:image

さて問題です。下の写真のどこかにアオバズクが隠れています。分かりますか?
f:id:KYOEI-TOKYO:20210818060952j:image

スワロフスキー最新機種も展示!

f:id:KYOEI-TOKYO:20210812110332j:image

御茶ノ水にあるECOM駿河台にて開催されている野鳥の会東京の野鳥写真会場に「スワロフスキー最新機種」が展示されています。

http://www.kyoei-tokyo.jp/html/page45.html

ご自由に手に取って野外の景色を実際に覗いて見ることができます。ときには木々の枝に野鳥がとまることも🐥

f:id:KYOEI-TOKYO:20210812110348j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20210812110402j:image

せっかくのチャンスなので、皆さんご来場の際には驚きのハイクオリティの双眼鏡像世界をぜひとも体感して下さいね♪

「野鳥写真展」開催! 野鳥の会東京

f:id:KYOEI-TOKYO:20210806075612j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20210806075649j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20210806075659j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20210806080125j:image

今年の作品はなんと約90点もの応募をいただき賑やかで盛大な写真展になりました。皆さまありがとうございます😊 そして前回よりも作品のレベルが上がったような気がします^_^ 実に見ごたえがします。鳥愛が強い日本野鳥の会東京の底力をご覧いただくことができます!

f:id:KYOEI-TOKYO:20210806093944j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20210806080751j:image

展示準備作業の裏側をちょっとお見せいたします。こんな感じで1枚1枚丁寧に展示しました。ご来場いただいた際には野鳥写真だけではなく、その横に貼り付けてある心のこもったキャプションもぜひともお読みください。

f:id:KYOEI-TOKYO:20210806081006j:image

またまた可愛いツバメが!

f:id:KYOEI-TOKYO:20210803100721j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20210803100730j:image

JR国立駅の改札口の天井で、またまたツバメが一生懸命に子育てをしています🐣 たくさんの乗降客を見ながら逞ましく育っていく雛たちの姿を皆さん温かく見守っています。

f:id:KYOEI-TOKYO:20210803101046j:image

頻繁に餌を運んでいる親鳥の飛翔コースの高さが歩行者の頭の上すれすれなのが、「袖振りあうも多生の縁」って感じですかねぇ(^^)

蓮の花+ヨシゴイくん!

f:id:KYOEI-TOKYO:20210731063037j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20210731063049j:image

f:id:KYOEI-TOKYO:20210731063059j:image

蓮の花は早朝に咲くと知って、今回は朝7時には現場に到着してヨシゴイ(美恋⁉︎)が現れてくれるのをスタンバっていました。大きな蓮の葉っぱが邪魔でなかなかヨシゴイを見られなかったので、上写真のように蓮の花と同一フレームに見られたときは感動しました🌺

f:id:KYOEI-TOKYO:20210731063108j:image

気温がなんと35度を超えるという猛烈な暑さの中、ヨシゴイくんはここでじーっと擬態したまま。双眼鏡がカンカンに焼けちゃって手で持てないくらいでした😅

本日7月30日が締切り! 野鳥写真展に作品を持って来てください。

f:id:KYOEI-TOKYO:20210707113701j:plain

~東京近郊の自然再発見~ を楽しもうというコンセプトでこの野鳥写真展は企画されました。昨年はコロナウィルスで中止となりましたが、今年は野鳥の会東京の夏の大きなイベントとして盛り上げたいと考えています。皆さんぜひとも写真を送ってください!

<写真のポイント>・野鳥にまつわる感動した写真 ・楽しんで撮影している雰囲気が伝わる写真 ・わたしのイチオシ野鳥写真 (写真の構図や解像度は関係ありません)

〇応募締め切り:2021年7月30日(金)必着

〇写真:A4サイズ限定(必ずプリントして送ってください)

〇撮影地:東京近郊

〇応募資格:探鳥会に参加した経験がある方ならどなたでも

〇送付先:日本野鳥の会 東京事務所 野鳥写真係へ郵送

     〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-16 新宿伊藤ビル3階

〇同梱物:写真+出展者氏名(ペンネーム可)+タイトル+野鳥の種名+撮影地(例:東京都井の頭公園など)+コメント(80文字くらいで)

     *写真返却希望者は返却用封筒に住所氏名記入の上、切手を貼って同封

     *応募写真点数はお1人様できれば3枚送ってください!

     *応募多数の場合、掲載できない場合もございます(これは嬉しい悲鳴)

     *展示のために応募写真にはラミネート加工します(ご了承ください)

カケスとオシドリにほっ!

f:id:KYOEI-TOKYO:20210719100234j:image

森林の中を散策していたらカケスの子供たちが数羽ほど目の前に飛び出してきました。目線の高さでカケスの全身を見たのは初めてだったので驚きました。

f:id:KYOEI-TOKYO:20210719100548j:image

こちらはオシドリの子供です。遠方にいたので双眼鏡で見た時はカルガモの赤ちゃんかもと思ったのですが。。

 

夏の暑い時期は、森林の中の野鳥たちは子育てもひと段落してさえずりもしないので、見つける事はなかなかの困難を極めます。でもその子供たちが集まって飛び交っています!

歩き回って野鳥を探索するのではなく、1カ所にじっと座ってたたずんでその子供たちが現れるのを待ってみるのも1つの手段ですね(^^)